ADHDのたまのせいかつ

最近ADHDだと診断された、たまの日記。

生かされているたま

 

たまは一人じゃ何にもできない。

トイレ行ったりはできるけど、転入届だしたり、家に必要なものを見繕ったり、ごはんを上手く作ったりできない。

 

たまは何故、なにもできなくて迷惑をかけるばかりなのにいきているのだろうって思うです。

一人でいたら、ごはんもろくに食べれなくて、お金もなくって、でも、助けの求め方もわからなくて死んじゃうような存在なのに。

なんで、神様は私を生かしてくださっているのかわからない日が続くのです。

 

始めた仕事もあんまりうまくいってないし、引越しもうまくいってないのです。

掛け布団Amazonで頼んだら赤ちゃん用だったのです。

 

お部屋の半分は段ボールの状態でなんとか寝たり、コンビニご飯食べたりしてるのです。

今日は、転入届を出すのに全神経を集中させたからか、お昼ご飯食べるのを忘れたのです。

 

また、痩せちゃうかもです。

これ以上痩せたらダメだよってアプリからいわれてるので、頑張ってご飯のことも考えなきゃ。

 

明日は、地域の保健センターにいってくる予定なのです。

ちょっとでも、悩みが軽くなったらいいなって思うのです。

 

悩んで悩んで、消えちゃいたくなるような日も沢山あるけど、神様がたまを生かしてくださっているということは、何か意味があるはずで、使命があるはずなのです。

 

まだ、たまは気づいてないだけで、きっと何かあるはずなのです。

生かされている命をなんとかご飯食べて守らなくちゃいけないなって思うのでした。

 

 

 

引越しまでカウントダウン

 

引越しまでカウントダウンなのです。

 

いよいよたまの様子もおかしくなってきたのです。

本を五千円分も買い込んだり、泣いたり眠れなかったり。

眠れないのが、続くと辛いので新しい病院では、睡眠剤出してもらおうかな。弱めの。

強いのだと一日中眠くてお仕事どころか、生活もままならなくなっちゃうのです。

 

来週の火曜日からは一人で生活していけるようにならなければならないのです。

ゴキブリ片付けたり、生ゴミ片付けたり、お風呂掃除したりしないとだめなのです。

…うぅ、たまにできるかな…。

 

あとは、水曜日には病院と発達障害相談窓口に行きたいけど、お盆休みとかになってないかな。

と不安なたまなのでした。

ダンボールはたりなかったので、追加でたのまなきゃならないのです。

あと、一個で足りるかな…、空間把握がうまくいかないから詰め込み作業が大変なのです。

ものが大体思ったより大きくて、難しいのです。

結局箱を二つ追加してなんとかしたのです。

部屋ががらんとしてて、さみしいかんじなのです。

家族の物だけ残っているような感じなのです。

 

一人暮らしにわくわくよりも不安が大きいのです。

でも、自分で決めたことだし頑張るのです。

…うー、でも、やっぱり不安。

頓服飲んでお布団はいるのです…。

 

 

不具合たま

 

たまの身体にまた新しい不具合が見つかったのです。

またお薬が増えてしまったのです。

しかも最近は夜眠れないので眠剤も増えるかもしれないのです。明日行く予定の精神科で。

 

正直、朝基礎体温はかって、薬三つ飲んでってだけでもたまの頭は大忙しなのです。

今回もらった薬は、一週間に一度のお薬なので、ちょっとは気が楽…にならないのです。

 

一週間に一度とか絶対忘れちゃうやつなのです。

マークはつけてみたし、アラームもつけたけど、薬が行方不明になったり、アラームがなんのアラームかよくわからなくなったり、消した後に忘れたりしちゃうのです。

今日も役所に行った時に、印鑑忘れちゃうし、忘れん坊レベルは100なのです。

カンストしてるのです。

 

明日の病院は忘れないようにしたいたまなのです。

変なたま

 

無事にお部屋契約できたのです。

思ったより広くていい感じのお部屋なのです。

 

たまの悩みは次の段階に移りました。

引っ越しするとお熱が出るという現象なのです。 

 

多分、環境の変化がとっても苦手なのと、引っ越しは、たまが苦手とする細かい作業の連続で、頭と身体が疲れて発熱鼻水喉の痛みっていう症状がでてしまうのです。

 

でも、そこは避けて通れない道。

なので、今から地道に荷物箱詰めして必要なものはメモ機能使って、と対策は立てているのです。

でも、お熱はやだなあ…。

 

お熱が出るっていう体の変化もストレスで、特定のものしか口にできなくなったりします。

うどんとかおかゆとか栄養がありそうなものならいいのですが、過去にはおでんの汁とはんぺん、飴玉、ガリガリ君等それしか食べなかったら身体がよくならないよってものだけになったこともあるのです。

嘔吐恐怖も昔ほどじゃないけど、ちょっとあるのでなにか他のものを食べたら吐いちゃうんじゃないかって思ってしまうくらい心が疲れちゃうのです。

37.5度くらいで。

 

こういうは、ADHDの特徴なのか、たまだけなのかわからないのですが、身体や心が追い詰められやすくて、追い詰められると側から見ると変な行動に出ちゃうのです。

 

変な子たまなのですが、これってコンサータ?とか飲んだら治るのですか?

次からはコンサータが処方されるようなのですが。

 

なんだか、心配で眠れないけど明日は9時から病院なので頑張って寝るのです。

 

 

 

八月あたまのたま

 

可愛いお洋服と、ボードゲームと、お菓子が大好きなたまです。

体重は49キロ、身長は大体162センチ。

最近は、ドラクエ11をちまちまちまちま進めてるのです。

 

 

f:id:tamaadhd:20170805022812j:image

  

最近、メゾピアノのお洋服を買ったのです。

女児服着るのが好きなのです。

そういう方は結構いて、タグとかになってて、見に行くと可愛い子がたくさんいてすごいなぁってなるのです。

たまはあんまり可愛くない、芋っぽい子なのです。よく、田舎の中学生って言われるのです。

 

 

たまは、普段はツインテールにしていることが多いのです。

ツインテールって可愛いし、可愛いし、可愛いですよねって、可愛いしか思いつかないくらい可愛い髪型だと思うのです。

ボブの次くらいに好きなのです。

 

そんな八月あたまのたまでした。

 

 

 

 

 

基礎体温計との戦い

 

基礎体温をつけるようにといわれて買った基礎体温手帳。

これ、ちっちゃいところにちまちま書かなければならないたまの苦手分野。

たまは、異常に不器用なのでこういうのは苦手なのです。

 

ちまちまちまちま、1時間くらいかけて、日付と生理周期と今までつけていた基礎体温の記録を書きいれたのです。

 

はぁ、もうやりたくないのです。

 

って、これから毎朝これを書いてグラフにしなきゃならないですか…。

経血量とかおりものとかも記録…なのです…?

 

なんだかもう負けそう…なのです。

毎日何かを続けるっていうのも苦手なのです。

 

なんだか、ぐちゃぐちゃになってきたけど、2ヶ月はつけて、見せてくださいっていわれてるから頑張ってつけるのです。

 

うー…、男性に生まれていればこんなことしなくてよかったのにぃ…。

 

産婦人科に行った日

 

産婦人科にいってきたのです。

ふと、自分の身体は子どもを作れる身体なのか気になったのです。

 

問診票書いて、尿検査、次は、血圧測って、次は診察。

 

やることが次々出てくると頭がぐるぐるするのです。

 

診察では何故きたのかきかれて、

 

では、検査しましょうっていわれたのです。

 

別に自分が妊娠できるか気になるだけでも行ってもよかったのですね。

実は、ちょっとみんな真剣にきてるだろうから、たまみたいなのがふらふらやってきていいのか、わからなかったのです。

なんとなく安心したのです。

 

あと、子宮がん検診もうけてないなら一緒にやりましょうっていわれました。

 

待合室でちょっと待ってから、検査。

 

診察室の中で。くつした、パンツ、くつを脱いで検査するあの独特の椅子に座らされるです。

 

足をおくところが、横っちょにあるやつです。

M字開脚させられるやつなのですね。

 

「たま、すごく怖がりなのです…よろしくお願いしますっっ」

 

と、先生にお願いしたのです。

先生がボタンを押すと、椅子がたおれて、ぱかっと椅子のおしりの部分がひらいたのです。

 

こわいこわいこわい。

 

中になんかへんなのいれられて、さらにへんなのいれられてもう怖くて無理!むり!

 

「せんせ、こわいですっ。な、な、なんかへんです、こわいです」

 

半泣きになりながら、うわ言のようにはなすたま。

 

「大丈夫ですからねー。子宮にきんしゅとかはないですねー」

 

筋腫ない?それはいいこと。

あわわわ、でもなかでぐねっとしてこわいこわい。

 

「モニターみてください」

 

「む、むりです。モニターみれませんっっ」

 

もはや、パニック状態。パニック発作は起きなかったけど、パニックにはなったです。

 

「はい、わかりました。つぎ卵巣いきますよー」

 

またぐにぐにしてるこわいきもちわるいぐにぐにぃぃ…。

うぅ…、おうちかえりたい…。

 

と、呻いてるうちに検査終了。

 

子宮がん検診と、子宮、卵巣に異常がないかみる検査、こわすぎて、よたよたしながら椅子から降りてたら看護師さんに心配されました。

 

やっぱり、半泣きパニック状態になる人はあんまりいないのですね。

 

そして、おそろしい検査が終わったら、基礎体温のつけかたを教えてもらい、採血をして終了。

 

来週には、検査結果がでるらしいのです。

2時間くらいの間に色々あって、疲れてふらふらになりながら帰宅。

 

こわかったぁ…な日なのでした。

ぐにゃぐにゃって言葉だけでしばらく子宮がゾッとしそうなのです。